キャバクラでナイトワーク体験してわかったこと

時給の高さに惹かれました

私は大学3年生の時に、夏休みの期間を使ってバイトをすることを決めました。バイトの求人を探していた時に、短期間でもよいとうたっているキャバクラの求人を見つけました。求人内容を確かめていた時に、何といっても時給の高さにひかれました。大学の夏休みは2カ月ほどあるので、この期間にしっかりとバイトをすれば、かなりのお金が稼げるとワクワクしました。バイトを初めて2週間がたつと、だんだんと肌荒れがひどくなってきました。夜中まで働くことは当たり前で、お酒も飲むので、肌荒れは当然のことかと思います。それにしてもあごや口の周りに力みがたくさん発生して、ストレスがたまっているのだろうなと感じました。元から肌も強い方ではなかったし、夜は睡眠をよく取るタイプだったので、夜中に働くキャバクラは自分には向いていなかったのかなと思います。契約していたので2ヶ月間はしっかりと働き、かなりお金を稼ぐことができましたが、こんなに肌荒れしていてはたまらないので、もうやらないと思います。